すはだのセンスby stylist SETSUKO TODOROKI

「すっぴんで、おでかけ」をテーマに、人気スタイリスト・轟木節子さんが毎回シーンに合わせて絶妙なアイテムをコーディネート。すっぴんに合う素材、配色、小物使い...読んでセンスアップできるファッション連載です。

12月のテーマ:おもてなしのセンス

1月のテーマ:あたらしい年にあたらしいことを

1月のテーマ:あたらしい年にあたらしいことを

January 2019

あたらしい年のはじまり。興味があったけれどしていなかった、何かわくわくすることにひとつトライしてみるのはどうでしょう?
たとえば、着物のおしゃれ。1月は着物が似合う月です。

eps.018

1月のテーマは「あたらしい年にあたらしいことを」です。

着物選びに訪れたのは神楽坂にある三角お屋根の「ドゥーブルメゾン」。私の師匠であり、中学生の頃から今も変わらずその世界観のファンである、スタイリストの大森伃佑子がディレクションしているブランドのショップです。
一歩中に入ると、レースや刺繍の可憐なモチーフにうっとり。
クラシックなテイストの中にアーティスティックなエッセンスが光る、心ときめくもので溢れた場所です。
洋服と着物、垣根なく自由に。「おしゃれが大好きな永遠の女の子たちの夢を共有するクローゼットでありたい」というすてきなコンセプトが掲げられています。
着物はインドで見つけたというコットンリネン。きれいに織られたブルーのモダンなストライプ地に、袖口には黒のパイピング、裾の黒いベルベットというあしらいがとても新鮮だったので、それに合わせて黒いベルベットのつくり帯を合わせました。羽織の裏地がギンガムチェックというところが粋です。

「あたらしい年にあたらしいことを」
刺繍半襟

刺繍半襟

半襟に施されている可憐なお花の刺繍は、刺繍ワークを得意とするブランド「AODRESS」によるもの。あまりにもかわいらしくて、日常的に使うことができる、ヘアバンドや首もとにスカーフとして使いたいと思ってしまいました。 動画に登場するベルベッドの羽織の背中の美しい刺繍もため息モノです。是非ご覧になってください。

刺繍半襟¥9,900/ドゥーブルメゾン

帯・帯留め・帯締め

帯・帯留め・帯締め

飾り結び部分と帯のボディ部分がセパレートになっているベルベットのつくり帯。かわいい上に簡単でうれしい。帯留めは羽織の裏地と同じギンガムチェックを合わせました。帯締めは白にゴールドの縁取りがついています。

帯¥29,000、刺繍半襟¥9,900、羽織¥59,000、帯留め¥16,000、帯締め¥7,800、足袋¥5,800、草履¥22,000/以上ドゥーブルメゾン、バッグ¥58,000/エバゴス(すべてドゥーブルメゾン)

「あたらしい年にあたらしいことを」

ドゥーブルメゾン・オリジナルの洋服は、修道女やアーミッシュのドレスを彷彿とさせるようなクラシックな空気感が魅力。裏地やパイピング、細部までかわいらしくうつくしい。袖を通すと気持ちがふわっと盛り上がるときめき服です。
ケープのような大きな襟の時にはヘアスタイルはコンパクトにまとめて。クラシックなシルエットのコートにカジュアルな印象のロゴ入りのニットを合わせて、遊び心を忘れずに。
クラシックなスタイルの足元に迷ったら、真っ白いソックスに黒いストレートチップのシューズを。きりっと引き締まります。

ケープコート

ケープコート

ケープを取り外すことができるコートは、少女のようなシルエットに、紳士的な上質な生地。というバランスがすてき。トレンチコートに使用されることが多い、高密度に織られたバーバリー生地です。

ケープコート¥62,000/ドゥーブルメゾン

ニット

袖はほっそり、身幅はゆったりのきれいなシルエット。肌触りのいいウールに袖口のラメも効いています。

ニット¥22,000/ドゥーブルメゾン

スカート

スカート

張りのあるコットンリネン地のスカートは、ハイウエストで脚長、すっきりに見えてうれしいシルエット。
ウエストのサイドはリブで、着心地の良さもそなわっています。

コクーンスカート¥26,000/ドゥーブルメゾン

バッグ

バッグ

ハンドワークを駆使して仕上げられている、まるでアートピースのようにかっこよくうつくしいかごバッグは「エバゴス」のもの。いつか手に入れたいと憧れる人、相棒のように長年愛用している人、多くのファンを持つ唯一無二のブランドです。

バッグ¥64,000/エバゴス

「おもてなしのセンス」

ケープコート¥62,000、ニット¥22,000、コクーンスカート¥26,000、パールネックレス¥21,000/ドゥーブルメゾン、バッグ¥64,000/エバゴス(すべてドゥーブルメゾン)

【問い合わせ先】

ドゥーブルメゾン tel0120-18-8880 http://www.doublemaison.com/

thumb
stylist

SETSUKO TODOROKI

轟木 節子/スタイリスト
1972年熊本県生まれ。CM・広告、リンネル、ONKUL、OZ magazine、&Premium、ナチュリラ、ほぼ日刊イトイ新聞などのメディアにおけるスタイリングのほか、女優のスタイリング、ブランドのアドバイザー・商品のディレクションなども手がける。
シンプルな中にスパイスの効いた、独自の空気感が漂うスタイリングが人気。ナチュラル志向のライフスタイルも注目されている。著書に日々のスタイリングのヒントがつまった『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖』『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖 2~色を楽しむ着こなし編~ 』など