すはだのセンスby stylist SETSUKO TODOROKI

「すっぴんで、おでかけ」をテーマに、人気スタイリスト・轟木節子さんが毎回シーンに合わせて絶妙なアイテムをコーディネート。すっぴんに合う素材、配色、小物使い...読んでセンスアップできるファッション連載です。

12月のテーマ:おもてなしのセンス

12月のテーマ:おもてなしのセンス

12月のテーマ:おもてなしのセンス

December 2018

年末年始はもちろん、週末の夜も気の置けない友だちと集まっておうちごはんやおしゃべりを楽しみたい!
まずはお気に入りのエプロンをつけて、料理を下ごしらえして、お皿を選んだり、お花を飾ったり。
エプロンもすごく気に入ったものだと、身につけたときから無意識でも、家事の時間が楽しくなると思います。
自分の本当に好きなものものをえらび、使う。大切にしたい心持ちです。

eps.017

12月のテーマは「おもてなしのセンス」です。

ゲストの喜ぶ顔を想いながら、支度の時間もたのしみのひとつ。ブルーを基調にしたエプロンスタイル。

「おもてなしのセンス」

カットソーワンピース¥16,000、パンツ¥26,000/ともにグッドストゥディオス(クオリネスト) エプロン¥9,300/ベルトッツィ(ENCOUNTER Madu Aoyama) ソックス¥2,700/パンセレラ(真下商事) その他/スタイリスト私物

エプロン

エプロン

きれいなインディゴブルーと白のコントラストが潔いエプロンは「ベルトッツィ」という創業1920年のイタリアのホームリネンメーカーのもの。
手彫りの木版を使った伝統的な技法で、ハンドプリントならではのかすれやムラがかわいい。

エプロン¥9,300/ベルトッツィ
(ENCOUNTER Madu Aoyama)

カットソーワンピース

カットソーワンピース

ヘンプ100%のカットソーワンピース。ヘンプは夏は涼しく、冬は保温性がある優秀な天然素材。
オーストラリア発の「グッドストゥディオス」はリネン素材にこだわり、環境にも配慮したブランドです。
はじめて見た時は、本当にシンプルでその魅力にすぐ気づけなかったのですが、袖を通すと素材感が生きてかっこよく、着心地も抜群。シャツには麻の生地を再生した素材でボタンを作っているという、エシカルなものづくりの背景も知り、すっかりファンになりました。
パンツも「グッドストゥディオス」のものです。

このブランドを扱っているのは、「クオリネスト」というセレクトショップ。
「これまで経験・体験したことのない新たな快適」というコンセプトで、すはだのセンスを読んで下さってる方に紹介したいショップです。

カットソーワンピース¥16,000/グッドストゥディオス(クオリネスト)

「おもてなしのセンス」

料理がスタンバイできたら、友だちが来る前にさっと着替えて。
ホストとして料理を取り分けたりするので、すっきりとフィット感のあるものを。
頭にはシルクの花柄スカーフをきゅっと巻いて、華やかさをひとさじ。
旬のブリティッシュなチェックのワイドパンツを合わせて、コンパクト×ワイドでバランス良くまとめて。
サイドに入ったベロアのラインがアクセントになっています。

おもてなしのセンス

暖かな色のスマートなニット

イギリスの老舗ニットメーカー、「ジョン スメドレー」のニット。着た瞬間にしっとりと気持ちがいい、かたちもきれいなハイゲージニットが人気です。今回選んだのは、今季らしい明るいブラウンとケーブル編みが新鮮なタートルネック。
「ジョン スメドレー」のニットと言えば、私は高校生の時に「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の別注の刺繍入りのニットに憧れていたのですが、高校生には高級品。けれど母に「これはものすごく生地が良いから買ってあげよう」と言われて買ってもらえたことを鮮明に覚えています。

タートルネックニット¥34,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) グレンチェックパンツ¥30,000/プレインピープル(プレインピープル丸の内)

パンツ

ソックスは挿し色ピンク

ホームパーティーには挿し色ソックスで足元のおしゃれを。イギリスの上質な靴下メーカー「パンセレラ」の深いピンクのソックスは、ニットのブラウンと同じこっくりとしたトーンで揃えました。
ブラウンとピンクがモダンな印象です。

ソックス¥2,700/パンセレラ(真下商事)

「おもてなしのセンス」

華やかなスカーフできりりと。

頭に巻いているスカーフ(私物)は「マニプリ」というハンドプリントのシルクスカーフがメーンのブランドのもの。
ちょっとしたアクセントになる小さめの44㎝角が私はとても気に入っています。
リビングに生けたお花は、グリーン×ホワイトに淡いピンクをたした、アップルミントなどのハーブをいれたナチュラルなものに。食事やお茶の香りをたのしみたい部屋には、香りのつよくないお花を選びます。

タートルネックニット¥34,000/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー) グレンチェックパンツ¥30,000/プレインピープル(プレインピープル丸の内) ソックス¥2,700/パンセレラ(真下商事) スカーフ/スタイリスト私物

「おもてなしのセンス」

【問い合わせ先】

クオリネスト tel03-6451-1458 http://www.goodstudios.com.au

プレインピープル丸の内 tel03-5218-2218 http://www.one-be-one.com

真下商事 tel03-6412-7081

ENCOUNTER Madu Aoyama tel03-3498-2971 http://www.madu.jp/

リーミルズ エージェンシー tel03-5784-1238 http://johnsmedley.jp/

thumb
stylist

SETSUKO TODOROKI

轟木 節子/スタイリスト
1972年熊本県生まれ。CM・広告、リンネル、ONKUL、OZ magazine、&Premium、ナチュリラ、ほぼ日刊イトイ新聞などのメディアにおけるスタイリングのほか、女優のスタイリング、ブランドのアドバイザー・商品のディレクションなども手がける。
シンプルな中にスパイスの効いた、独自の空気感が漂うスタイリングが人気。ナチュラル志向のライフスタイルも注目されている。著書に日々のスタイリングのヒントがつまった『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖』『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖 2~色を楽しむ着こなし編~ 』など