akyiseakyise

とじる
とじる
thumb

すはだのセンス

by stylist SETSUKO TODOROKI

「すっぴんで、おでかけ」をテーマに、人気スタイリスト・轟木節子さんが毎回シーンに合わせて絶妙なアイテムをコーディネート。すっぴんに合う素材、配色、小物使い...読んでセンスアップできるファッション連載です。

thumb

6月のテーマ:すはだに色を纏う

thumbItems
june 2018

今月は、色合わせをていねいに。をポイントにコーディネイト。すはだにきれいな色を纏い、色の持つちからを借りれば、梅雨のシーズンでも気分はいつも晴れやかです。パールや鉱石などの天然染料の服の美しさにも注目です。

eps.005

6月のテーマは「すはだに色をう。色をたのしむ。」です。

色合わせの楽しみ方を知ると、おしゃれはもっとたのしくなります。
服と服を合わせてみて「わ、きれい』と思った配色は、身につけている自分の気持ちを高めたり、周りの人にもさりげなくすてきな印象を残すことができると思います。

マティス配色のコーディネート

青と黒を合わせた、フランスの画家マティスの切り絵からイメージしたコーディネート。コントラストがあってぴりっとモダンな色合わせです。自分が好きな画家の作品集からスタイリングを考えてみる日があってもたのしいと思います。また美術館に絵を観に出かけるときは、そのアーティストをイメージした色を着て出掛けたり。もいいですね。
この"GASA*"のきれいなブルーのワンピースは、鉱石のラピスラズリの粉を使って染めてあります。最近よく目にするようになったボタニカルダイと言われる、お花や植物からの草木染めのアイテムも、ナチュラルな色出しですはだにきれいに馴染みます。自然からのお裾分けをもらったようで身につけると嬉しくなりますね。また、きれいな色だけど、自分には合わせ方が難しいと思った服は、まず黒と合わせてみる。ほとんどの色を受け入れてくれて、シックでモダンな着こなしになります。

thumb

色はわたし達の心や身体にも影響があると言われていて、医療が発達していなかった古代には色彩療法で病気を治すこともあったそうです。


色にはそれぞれ効果があって、例えば「青」には、「冷静な判断力を高めたいときに洞察力が深まる色」と言われています。そんな色の持つちからを日常の着こなしに取り入れてみるのもたのしいですね。

カットソー¥12,000/gasa✳︎grue ラピスラズリ染めワンピース¥46,000/GASA✳︎(ともにGASA✳︎) ソックス/スタイリスト私物 ※アンリ・マティスの本:スタイリスト私物

thumb

ブラックのウィングチップ風サンダル

足元をきりっとしたイメージで引き締めてくれる黒いレザーのウィングチップのシューズ。春夏仕様で、軽やか、ソックスとの合わせもたのしめる1足です。

シューズ¥50,000/NATIVE VILLAGE

【問い合わせ先】 GASA✳︎ tel03-5422-8044 NATIVE VILLAGE tel03-3443-9895

thumb
stylist

SETSUKO TODOROKI

轟木 節子/スタイリスト
1972年熊本県生まれ。CM・広告、リンネル、ONKUL、OZ magazine、&Premium、ナチュリラ、ほぼ日刊イトイ新聞などのメディアにおけるスタイリングのほか、女優のスタイリング、ブランドのアドバイザー・商品のディレクションなども手がける。
シンプルな中にスパイスの効いた、独自の空気感が漂うスタイリングが人気。ナチュラル志向のライフスタイルも注目されている。著書に日々のスタイリングのヒントがつまった『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖』『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖 2~色を楽しむ着こなし編~ 』など

もっとすはだのセンスを見る