akyiseakyise

とじる
とじる
thumb

すはだのセンス

by stylist SETSUKO TODOROKI

「すっぴんで、おでかけ」をテーマに、人気スタイリスト・轟木節子さんが毎回シーンに合わせて絶妙なアイテムをコーディネート。すっぴんに合う素材、配色、小物使い...読んでセンスアップできるファッション連載です。

thumb

5月のテーマ:初夏の旅のセンス

thumbItems
may 2018

若葉が眩しく美しい季節。日常から離れて 春の気持ち良さを存分に味わう小旅行に出かけましょう。
すはだのまま伸びやかに。ナチュラルな素材を身につけて心地よく。
カジュアルなだけではない、すてきな旅のファッションで、記念写真の自分がもっと好きになる。
旅のたのしみも広がっていきます。

eps.003

5月のテーマは初夏の旅のセンスです。

旅行というと、カジュアルなパンツスタイルになる人も多いと思いますが、ナチュラルな素材の楽ちんなワンピースやコートに、きれいなストールを巻いて、しっかりおしゃれをして旅に出てみましょう。思い出もよりすてきになるはずです。

thumb

ワンピースコート

張りのある素材感のワンピースコートは、ざくっと羽織ってもさまになる、すてきなディテールが各所に散りばめられています。裾がカーブのついたカッティングになっていたり、タックやギャザーが絶妙な位置に入っていたり。
ボタンを留めてワンピースとしても着られる2WAYな服は旅に嬉しいアイテムです。
それと、こういう濃色の羽織りものは袖をキュッとまくって身体の細い部分、手首を見せて着ると好バランスです。

マウスオンすると拡大写真がご覧になれます

thumb

白いシャツワンピース

ヴィンテージのグランドファーザーシャツと呼ばれる、ヨーロッパのおじいちゃんが着ていたような形のワンピース。歩くと風をはらむ、ゆったりとしたデザインも魅力。ワンピース、白いスニーカー、白いバッグ。白を着こなしに配してクリーンな印象のコーディネートにします。

thumb

ボストンバッグ

フランスのヴィンテージのベッドリネンで作ってある「The Factory」のボストンバッグ。
日本の帆布に似たしっかりとした生地で、ガシガシ洗濯機で洗うことができるくらいタフ。洗って風合いを育てていくたのしみもあります。
素材はカジュアルだけれど、女性的なまるみで革のバッグのようなきれいな縫製。カジュアルな素材できれいな形という「甘辛バランス」も魅力です。

thumb

白のレザースニーカー

すはだのままの旅は、すこやかに、足先までのびのびしたい!足元はレザースニーカーを選んで。そして旅のスニーカーは紐なしで、脱いだり履いたりが楽ちんなものが嬉しい。よく見ると表面が細かくギザギザにカットされていてグラフィカル。アートピースのようなかっこよさがあり、シンプルなワンピーススタイルにも似合います。旅には歩きやすくて且つ、自分がわくわくするような一足で出かけたいですね。

thumb

レザー巾着

ここ数シーズン、多くみかける巾着型のバッグ。きゅっと絞ってお気楽な雰囲気がチャーミングで個人的にも好きなアイテムです。とても柔らかいレザーに細い革紐というバランスがシック。旅先だと、ルーム・キーと貴重品だけを入れて出かけるときにも便利でスマートです。

ロングシャツワンピース¥53,000、中に着たロングワンピース¥50,000/ともにGASA* ストール¥22,000/ドゥノヴォンブル 巾着バック¥15,000/レン スニーカー¥38,000/アンディア・フォーラ(以上プレインピープル 丸の内) ボストンバッグ¥15,926/THE FACTORY(ラ ヴィ ア ラ カンパーニュ) メガネ/スタイリスト私物

【問い合わせ先】 GASA* tel03-3443-9895 プレインピープル丸の内 tel03-5218-2218 ラ ヴィ ア ラ カンパーニュ tel03-6412-7350

thumb
stylist

SETSUKO TODOROKI

轟木 節子/スタイリスト
1972年熊本県生まれ。CM・広告、リンネル、ONKUL、OZ magazine、&Premium、ナチュリラ、ほぼ日刊イトイ新聞などのメディアにおけるスタイリングのほか、女優のスタイリング、ブランドのアドバイザー・商品のディレクションなども手がける。
シンプルな中にスパイスの効いた、独自の空気感が漂うスタイリングが人気。ナチュラル志向のライフスタイルも注目されている。著書に日々のスタイリングのヒントがつまった『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖』『毎日のナチュラルおしゃれ 着こなし手帖 2~色を楽しむ着こなし編~ 』など