• サイトトップへ
  • お買い物はこちら

秋冬のお悩みNO.1!その乾燥「洗いスギ」ていませんか?

「なんだか乾燥が気になる〜」深まる秋、意外と知らない保湿アイテム以外の乾燥対策。今こそ、見直すべきは洗顔です!

■ 保湿だけが乾燥対策じゃないんです

乾燥が気になり出すと、まっさきに思い浮かぶのが保湿。「秀くりーむの量を増やそうかな」、「秋冬はオールインワンの秀くりーむだけじゃ不安」と、ついつい、しっとり系の保湿アイテムに手を出したくなりますが、ちょっと待った! 意外と見落としがちなポイントが洗顔なのです。

■ 乾燥の原因は「洗いスギ」にあり!?

実は乾燥の原因の一つは、洗顔でお肌に大切な皮脂を落としすぎてしまうこと!さらに「洗いスギ」ることで乾燥したお肌に保湿クリームを「つけスギ」て、毛穴が詰まって開き、それを隠すためにファンデーションを「塗りスギ」る。こんな三スギの悪循環に陥ってしまうことも。
まずは洗顔の仕方を見直して、「洗いスギ」ない保湿ケアを始めましょう!

こんなことありませんか?「洗いスギ」チェック!

私も洗いスギてました!

中高生の時、ニキビに悩んでいた私。大人になってニキビがおさまっても「自分はオイリー肌」 というイメージのまま「洗いスギ」ていたことに、あきゅに入って気づきました。
思い込みって怖い!

開発担当・篠塚のちょこっとコラム「洗いスギ」ないメイク落としとは?

オイル・クリーム・乳液・ふき取り系などクレンジングにもいろんな種類がありますが、実はオイルベースのものほど、同じ油分でできたメイクと馴染みやすく、洗浄力が高いのです。
カサカサさんはクレンジングの種類選びも大切!しっかりアイメイクはオイルクレンジング、それ以外は乳液タイプや、ウォータータイプなど使い分けるのもおすすめです。

あきゅ式クレンジング

昔ながらの技術で紡ぎ、吸水力・吸油力に優れたがら紡糸を使った、ふわふわ洗顔クロス。古い角質も優しく拭き取るので、洗顔後の保湿クリームも角質層に浸透しやすい。

『あきゅ式クレンジング』商品ページへ

洗いスギないポイント三箇条

1. 引き算保湿!石けんを使わずに洗う

汚れや皮脂の少ない朝は、石けんを使わずぬるま湯だけでの洗顔に。日中すっぴんの方、乾燥が特に気になる時は夜もぬるま湯洗顔でもOK。

2. お湯の温度は低めに

寒くなってきたからといって、熱いお湯はご用心。
体温より高い温度のお湯は皮脂を溶かしてしまいます。ちょっともの足りないかな、と思うくらいの温度が目安。

3. 石けんを使って洗う時はやさしく

ゴシゴシと強く洗うのは厳禁!お肌に触れる程度にやさしく。
すすぐ時はシャワーを直接お肌に当てず、濡らした「あきゅ式クレンジング」で拭うのもおすすめ。

サービス研究所   お客様窓口スタッフに聞く!それでも乾燥が気になる時のお手入れヒント

いつもより「秀くりーむ」を1〜2プッシュプラスしてみてくださいね

“お風呂で「秀くりーむ」パック”もおすすめ!

湯船に浸かりながら秀くりーむ2〜3プッシュを顔に拡げ、その上からホットタオルを乗せて約3分。その後、必要であればいつも通り保湿してくださいね!

デスクトップカレンダー、壁紙ダウンロード

今号に掲載されたイラストを
カレンダーと壁紙にいたしました。

あきゅらいず美養品

プライバシーポリシー  | お問合せ |

Copyright© あきゅらいず美養品 All Rights Reserved.