• language

おしらせ

社会への取り組み

キャンドルワークショップが行なわれました。

[活動報告,社会への取り組み] 2012年03月 9日
candlea.jpg

3月5日(月)、仙台のパーソナルサポートセンター、コミュニティ・ワークサロンえんがわさまにて、あきゅらいずスタッフ・岡部によるキャンドルづくりのワークショップが行なわれました。

パーソナルサポートセンターの絆支援員のみなさんが、毎日訪問している仮設住宅の入居者の方々へ、自分たちで手づくりしたキャンドルを、ひとつひとつ、手渡しでプレゼントしたい。そんな希望を実現するために、今回のワークショップは行なわれました。
(パーソナルサポートセンターの活動についてはこちらのレポートをご覧下さい)

5日は、まず、各仮設住宅ごとに選ばれた支援員のみなさんに、岡部のワークショップを体験し、キャンドルの作り方を習得していただきました。

この日の仙台地方は大雪警報。大変な降雪で交通機関が乱れる中、14名のみなさまが集まってくださったワークショップは、タイトなスケジュールでありながらも、終始にこやかに、楽しく、進められたようです。

candle2.jpg

そして、翌6日と7日、作り方を習得し、レシピを持ち帰ったみなさんが講師となって、それぞれの仮設住宅で、総勢50名の絆支援員のみなさんに作り方が伝えられ、2日間で、何と!639個のキャンドルが作られました。
この639個のキャンドルは、ひとつひとつ、手づくりでラッピングされて、本日、9日金曜日、仮設住宅入居者のみなさんにプレゼントされます。

candle3.jpg

このプログラムを担当されたパーソナルサポートセンターの鈴木さまから、嬉しいメッセージをいただきました。

『3.11を迎えるにあたり、キャンドルのあたたかな灯りで、みなさんの心がなごみますように。 という思いからスタートしたプログラムですが、毎日の見守り活動で、仮設住宅入居者の方々と 真剣に向きあっている絆支援員さんにとっても、今回のワークショップは、普段の仕事から少し離れ、心がなごむひとときとなったようです。

ワークショップに参加した絆支援員さんからは、 「こういう時間も大事だね」 「色とりどりのキャンドルができて、とても楽しかった」 「これなら喜んでくれそう」 などの声があがり、笑顔もたくさん見ることができました。

ある仮設住宅の絆支援員さんたちは、あまった材料で、 それぞれのご家族にプレゼントするキャンドルをつくるそうです。

素敵なことですね。』

鈴木さんは、今日のプレゼントのときの様子や、11日にいくつかの仮設住宅で行なわれるキャンドル・ナイトの様子を、また伝えて下さるとのこと。笑顔がどんどんつながっていくと嬉しいですね。
loading
商品をカートに入れました。

【カートに入っている商品はこちらです】

※以前に入れた商品も含まれています。